新潟県 野外ライブ 音楽と髭達

新潟県の野外ライブ、音楽と髭達について

新潟県で毎年開催されている「音楽と髭達」という野外ライブについて書いていきたいと思います。

音楽と髭達は、2008年6月24日までは、新潟テレビ21で放送されていた音楽番組だったそうです。そして毎週火曜日の25時15分~25時45分の30分番組として放送されていたそうです。そしてまだ番組が行われていた時は、国内の若手バンドやさまざまなミュージシャンをゲストに招き毎回放送されていたそうです。 私は、音楽と髭達がテレビ放送していることを見たことがありませんし、知りませんでした。

そして現在は野外ライブとして毎年行われている音楽と髭達は、「HARD OFF ECOスタジアム新潟」で毎年8月下旬くらいに開催されています、ですが、HARD OFF ECOスタジアム新潟が建設される前までの、2004年までは新潟ファイズや新潟市産業振興センターで開催されており、2005年から2013年までは長岡市にある「国営越後丘陵公園」で開催されていました。 国営越後丘陵公園は、普段は色々なイベントを行い、季節の花を見ることも出来ますが、音楽と髭達が開催される時には、特別ステージが作られて開催されていたのです。

また現在使用されている、HARD OFF ECOスタジアム新潟は普段は野球場として使われていて、巨人などの有名チームが来て試合をすることもあるスタジアムなのです。

そして音楽と髭達は、毎年多くの人が訪れてすごく人気のフェスなのです。そしてチケットを買いたくても買えなかったという人も多くいるくらい人気のようです。 絶対行きたいという人は、予約販売が始まった日に早く予約しないと、買うことが出来ないかもしれません。

そして毎年すごく渋滞が見込まれますから、車で来るという人は、結構早めに会場に行くようにしないととても大変だと思います。しっかり駐車場がありますが、有料になっているようです。駐車場に1,000円くらいかかるようなので、高いと思う人は車で行かずバスなどを使っていくと良いと思います。

また音楽と髭達には、毎年約10組のアーティストの方が新潟に来てくれているのです。そして10組のうちの1組は、新潟の地元アイドルNegiccoが出演しているようです。

今まで来てくれたアーティストの方は、AAA、郷ひろみ、スキマスイッチ、コブクロ、ゴールデンボンバー、ナオト・インティライミ、ケツメイシ、Aqua Timez、オレンジレンジ、エレファントカシマシなど他にもさまざまなアーティストの方が来てくれているのです。すごく有名な人たちが来てくれていますね。 このことからわかるように、さまざまなジャンルの人が来てくれているので、誰でも楽しめると思います。

また今年に結成されたNGT48も、もしかしたら来年から音楽と髭達にNGT48が出演するようになるかもしれませんね。

そして売店があり、食べ物や飲み物も買うことが出来るようですので、席を確保してから買いに行くことも出来ます。 他にもグッズ販売などもあるようなので、グッズを買いそれを身に付けて楽しむことも出来ると思います。

また開催時間が変わってしまうことがあるようですし、雨天では決行するようです。ですが、悪天は中止だそうです。 出演者が変更になってしまうことがあるようですが、その時は払い戻しが出来ないようですので、頭に入れておいてといいでしょう。 また小学生以下は親が同伴で入場はできますが、スタンディングエリア内フロントゾーンへの入場は出来なく、入れるエリアが制限されているようです。

期間限定のマフラータオル付きチケットは、4月から5月の中旬くらいから予約できるようです。 金額は大人で8,000円、中高生6,500円、小学生3,500円だそうです。

また一般販売は、7月の上旬から予約販売が始まります。金額は、大人7.500円、中高生6.000円、小学生3.000円とマフラー付きより500円安いです。 ちなみに未就学児童は無料です。

そして当日は、不正がないように中高生なのか小学生なのかを確認しているようです。なので年齢が確認出来る物や学生証がある時は、学生証を持って行くようにしましょう。

毎年すごく人気の「音楽と髭達」は、ものすごい数の人がいますから、アクセサリーは付けにない方がいいと思います。私の知り合いの中では、ネックレスが切れた人や、どこかにいった人や、ピアスが取られたなどという人がいますからなくしたくない人は、付かないでください。 また夏に開催されていて野外なので、熱いのでしっかり暑さ対策をしていった方がいいと思います。

そして音楽と髭達に毎年来てくれるアーティストの方も変わるので、毎年楽しめると思います。また毎年行っている人も実際にいます。

ライブはすごく楽しいですし、周りは知らない人が多いですが、1つになってみんなで楽しむことが出来ると思うので、是非行ってみてほしいと思います。

私は、まだ子供が小さいので一緒に行くことが出来ませんが、大きくなったら一緒に行きたいなと思っています。

↑ PAGE TOP